【収納術】大容量ケース【ジャニオタ向け】

【収納術】大容量ケース【ジャニオタ向け】

ジャニオタのみなさんこんにちは、あおモエです!

オタクはたくさんのものを収納しますよね
今回は「大容量」という観点から収納術を紹介します

Advertisement

大容量ケースとは?

「大容量」とは漢字そのもので、
たくさん入る、容量が大きい
という意味ですよね


ファイルやケースでは、同じ商品でも収納できる枚数が違うことがあります

たとえば、
Aファイル(20ポケット)と Aファイル(40ポケット)
Bケース(厚さ5cm)と Bケース(厚さ7cm)

40ポケット、厚さ7cmの方が多く収納できるので大容量ケースとなります

大容量ケースに収納するメリット

節約できる

ケース一個は大容量の方が高いです
でも同じだけ収納すると、大容量ケースのほうが結果的に安くなることがあります

継続的に収納するなら初めから大容量にしておきましょう

収納ケースを圧倒的に少なくできる

オタクは収納するグッズは山のようにありますよね
一歩間違えれば部屋中が透明ケースだらけになってしまいます


収納品の比較もしてますがコンパクトに片づけることができます
大容量ケースはかさばらないです

A4サイズは大容量60ポケット

A4サイズファイルに収納する主なグッズ
・雑誌切り抜き  雑誌のきれいな解体方法とは
・スポンサーの商品カタログ



これらは基本1ポケットに1枚です

紙をすべてのポケットに入れても、最低 背表紙の幅は場所を取ってしまいます
そんなのが何冊もあったらかさばって仕方がない。

だから、できるだけポケットが多いホルダーを使います

無印良品でサイズを比較します
40ポケットは背表紙 2.4cm
60ポケットは背表紙 3.5cm
240ポケットに計算すると背表紙の差は約0.4cm、40ポケットが大きい(ファイルの数は2個多い)
ホルダーをボックスにいれるなら尚更短いほうがよい

無印のフォルダは少々高いだけあってとてもきれいです
私もA4ワイドサイズのファイルは無印を使ってます
無印良品の最大の良さは清潔感だと思います

無印良品の商品の送料は公式サイトよりもロハコのほうが安いです

写真は300枚大容量ケースに

公式写真で300枚は数年かかるけど、いずれまんぱんになります

2段アルバムと3段アルバムだと、圧倒的に3段アルバムがおすすめ。
3段のほうがA4サイズのホルダーの高さが近いからです
ジャニオタはA4サイズの収納ファイルを使うことが多いですよね

2段アルバムはA4サイズと並べると写真1枚分の高さが余ってしまいます

黒台紙だと写真が映えます!!↓

ジャニオタ収納術大容量ケース公式写真フォトアルバム黒台紙

DVD・Blu-rayディスクの大容量は120枚収納で厚さ10cm

テレビ番組をダビングしたDVD・Blu-rayディスク

これ、すっごいかさばりません???

テレビ番組はDR(最高画質)で録画、ダビングする方が多いと思います
Blu-rayディスク50GBはDR画質で約360分記録できます
ディスクはどんどん増えていきます

1ディスク個々のケースで収納すると部屋中がディスクになってしまいます

 1ディスクのケースの場合

1ケースあたり幅は0.5cm
下のファイルと同じように並べると、
120枚で幅は約30cm(60ケース分)

対して、エレコムのファイルは120枚収納でなんと約10.8cm
約20cmも短い!!!!!圧倒的にケースの数を少なくできます

新聞の全面広告はそのまま保管

新聞の見開きがA1

A1の半分がA2(よくある全面広告)
A2の半分がA3


新聞は折りたたんで保管するのではなく、見返せるようにファイルに収納します

まとめ

物はできるだけコンパクトに収納したほうが
見栄えもいいし場所もとりません


Advertisement